HOME 著書の紹介 > 『会社取引をめぐる税務Q&A』

相続税[申告]

Googleストリートビューで事務所の中を見る まずはご相談ください。お電話でのご相談は 06-6209-8393
  • SKT27プラン(平成27年相続税改正対応プラン)
会計事務所向けサービス
FAXニュース

顧問先のサービス、フォロー、
新規先開発ツールに最適!

リーダァスクラブ

・税務FAXニュースの元祖、決定版!
・毎日発行!
・四コマまんが入りで読みやすく
 大好評!

『会社取引をめぐる税務Q&A』

会社取引をめぐる税務Q&A

税理士 三輪 厚二

会社取引をめぐる税務Q&A

第1章 決算と申告の関係

Q1 法人税の計算のしくみ
Q2 事業税と住民税の計算のしくみ
Q3 事業年度と納税地
Q4 法人税及び住民税等の確定申告手続
Q5 申告が遅れた場合
Q6 「利益」と「所得金額」の違い
Q7 欠損金が生じたとき

第2章 収益の計上時期
Q8 商品や製品の売上計上時期
Q9 値引き、返品、割戻しを受けたとき
Q10 割賦販売をしたときの収益の計上
Q11 請負工事等にかかる収益の計上
Q12 配当金を受け取ったとき
Q13 固定資産を譲渡したとき
Q14 有価証券を譲渡したとき

第3章 原価の計算
Q15 売上原価の計算と収益との関係
Q16 商品や製品の原価計算
Q17 有価証券を譲渡したときの原価

第4章 資産にかかる税務
Q18 減価償却の方法
Q19 残存価額と償却限度額
Q20 少額減価償却資産と一括償却資産
Q21 資本的支出と修繕費
Q22 資産の取得とされるリース取引
Q23 繰延資産の償却

第5章 会社経費と税務
Q24 知識・技術を習得するための教育訓練費
Q25 交際費課税のアウトライン
Q26 寄付金課税のアウトライン
Q27 貸倒損失の処理
Q28 債権放棄と貸倒れ
Q29 貸倒引当金の繰入れ
Q30 損金となる税金、ならない税金

著書一覧に戻る
page top
page top